上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

5号機時代到来!!スロプロ日記。じゃなくてスロプ~日記

自分のスロット生活・思考・日常生活を織り交ぜながら書いたブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局今日は打たずにホール周りをして一日が終了しちゃいました(-_-;)

知っている人も結構いるかとは思いますが今回は今現在では3月に登場するであろうという事になっている自分の中でのビッグタイトルを紹介しようかなと…。

まず1つ目は潜水艦の後継機『2027X』

自分の中での5号機の革命とも言える存在の2027に後継機が登場しちゃうんですね。
内部仕様などは現段階では何1つ伝わってきていないのが事実ですけど、噂によると今回はART継続率98%を純正に搭載して登場するらしい。
でもARTやRTの規制がかかって前作みたいな機種が出せないという噂もあったのにどっちがマジなのかはわからないけど。そこにも噂
があり前作の検定と同時に2027Xの検定も受けたという噂ありなんですけど、これは嘘だと思いますが…。
まぁ自分的には2027という名前で出すからには前作を越すストーリーの奥深さ+ストーリーを完結してくれる事を願うのみなんですけどね。。
某有名掲示板では色々な憶測が飛び交っているけど情報が不確かなだけにここでは伏せておくので気になるかたは某掲示板で確認してみてください<(_ _)>

結局2027の解析は完全には上がらず終わってしまうのでしょうか??
2027Xの導入は3/2を予定しているみたいです。

2作目は『北斗の拳2NE・2Z』

今現在導入されている型式名北斗の拳2Gよりも以前から噂になっていたのがこの北斗の拳NEなんですよね。。
当時の噂では機械割が116%前後と充分ハイスペック機の仲間入り出来るような能力を持った機種との事でした。
でも検定が通らずにお蔵入り。
と思われたのですが待望の登場の様です。
スペック面に関しては今現在は全くの未知なので何もお伝えする事は出来ませんがまだ雑誌などでは公表されていないみたいなので書いてみました。
当時のNEの噂が116%前後との事なのでそれに近いもしくはミドルスペックの中でも6の割は優秀な機種として登場する事を願います。

尚北斗の拳2Zに関しては一切わかりませんが型式名を2つ目にしたので2作登場するのでは?と思います。導入は3/16の予定だそうです。

3作目は『天下無敵!!サラリーマン金太郎』

この機種に関しては知っている人もかなり多いと思いますが一応自分の苦い思い出のある機種の新作なので記事にしてみました。
当時はまだ中学生でサラリーマン金太郎・獣王・猛獣王・スーパービンゴなどのAT期全盛期。ST機なんてものはほんのわずかしか無かった頃ですね。。
自分はどこからともなく(笑)お金を手に入れてAT機を打ち負ける→金入手→負けるの繰り返しでした。。
とは言っても所詮中学生なので負けと言っても大した負けでもないんですけどね。。
ビギナーズラックなんてものも信じてみたものの一向に訪れず正月にはもらったお年玉全てをAT機に使い込みました。その中心的台がこのサラ金・あとは猪木・猛獣王・裏物の沖スロです(笑)
ビギナーズラックを信じてたのはいいけど気付いたらビギナーではなくなってました(^_^;)

そんなシリーズ作の新作の登場。
今回は勝たせてもらえるのかな?
気になるスペック面に関しては設定1で97%~設定6で約110%。
最近の定番と言ったスペックですね。
内部仕様はBBとMBの構成でRT搭載。RTは30G・100G・200Gの3種類。
増加枚数は0.3枚との事です。。
大まかな内部仕様だけで細かい内部仕様は明らかになっていませんがこの手の機種は設定看破し辛いそう。特にロデオの機種だけに…。。

こちらはタイトルとは関係なく2/24導入予定だそうです。。

おまけに2月導入機種では『真・吉宗』

これは公になっているので言うまでもなく吉宗の後継機。
割は設定6で109%で荒めの仕様になっているらしい。
打ってみないとわからないけど何となく設定看破要素が薄そうだし打つ機会もそこまで無いかも。
導入は2/3。

最後にビッグタイトルでもなんでもない機種『ウルトラキューティーハニー』

これはマジで自分としてはビッグタイトルでもなんでもないが気になるのがスペック面。
設定1で98%~設定Hで117%。雑誌などでも大きく取り上げられていない事からして前作のリメイクだと思うのは俺だけ?(笑)
でも1で98%・4で104%・6で111%・Hで117%なんてスペックだからホールとしては扱い辛そう。メインとしては設定1と4がメインになってたまに設定6、ごく稀に設定Hが入るくらいだろうからこれも導入されても打つ機会はそこまでないかな…。ってか導入する店舗が少なそう。
導入は吉宗同様に2/3。

以上気になる新台を書いてみたけど、自分的期待度No.1は2027Xですかねぇ。。
これは設定看破とか期待値とか関系無しで趣味としてぜひ打ちたいと思えるから。
だって2027の次回作ですから…。
スポンサーサイト
あまりにも雑誌に詳しい解析が出てこないので昨日・今日とネットで色々調べてみました。
ネット情報&自己解析な部分もあると思うので全て正確な訳ではないと思うけど結構参考になりそうなのがあったので書いてみます。
いつも寝坊でダメダメな俺でもたまには真面目な機種解析記事書いてもいいでしょ?!って事で(笑)

まずは設定差のある部分から。
これは雑誌にも載っている通り赤7リプ出現率。
設定1 1/1638.4 
設定2 1/1365.3
設定3 1/1170.3
設定4 1/1024.0
設定5 1/910.2
設定6 1/819.2
これは分母も大きいので確率は開いてるけどあくまでも目安程度にしかなりません。実際6濃厚台を打った時は(過去2回程ですが)緑リプからでも潜航で獲得したポイントが多いためか連チャンしていたため通常時滞在率が低く赤7の出現は設定5を打った時の1/2程度まで落ちてました。なので通常時滞在率が高い設定1~5の中で一番赤7出現率の高い設定5が設定1~6の中で最も揃うのではないかと思うます。
潜航モード・スーパー潜航モード中のポイント振り分け。これは設定6のみ優遇されてる模様。1~5はほぼ一定と思っていいと思います。

大きく設定差があるのはこのくらいではないかと思います。

高確率状態の内部仕様について。
この台での高確率とは高確率状態中にJACボーナスが成立すつと必ずBMというARTに突入します。当然ボーナスで得られるコインは28枚、よってこの台ではARTでコイン増やしていきます。なのでこの台では高確率状態でJAC成立が一番出玉の肝って事です。
この高確率状態への移行契機はチェリー成立時の40%・リプレイ時の一部との事ですがリプレイ成立時の5%で抽選されているみたいです。
高確率はストック形式になっていて初めて高確に上がった時はストック1。高確状態滞在中に高確移行チェリーもしくは高確移行リプレイが成立すると更にストックが1増えるみたいです。とこんな感じで高確移行契機を引けば引く程高確率状態滞在ゲーム数が高くなるよう。(ストック減少率はストック数に関係なく一定)あとストックされる高確の数は現段階では不明。
逆に転落契機はリプレイ成立時の約1/2らしい。で転落リプレイが成立すると残ってる高確ストック数から-1されてストック数が0になると低確へ転落する。
高確率状態期待度は液晶画面でもある程度表示されてます。
潜水艦小さい<潜水艦中<潜水艦大<海底都市
この順番で期待度を表してますがあくまでも目安に。
海底都市移行は高確滞在が確定します。

潜航モード・スーパー潜航モードで獲得したBM継続率の加算法則について。
BM(ART)当選時の高確率状態ストック数に応じて継続率の加算法則があるらしい。
1回~複数回の潜航モードで得たポイントが振り分けられます。要は今まで獲得したポイントを一回で全て使い切れるとは限らずそのARTに当選した時の内部状態によって潜航モードで獲得したポイントを振り分け。
ここでで書いた高確ストックが役立つって訳です。

仮に高確ストック2の場合はベースとなる70%+1回目の潜航モードで獲得したポイント+2回目の潜航モードで獲得したポイント(1回目・2回目とかは打ち始めてからの解釈じゃなくて消費してない分の事。)
1・2は潜航モードによって獲得したポイントが放出順に区切られたものであって1+2でのポイントが25ポイント以上あった場合は(最高継続が95%なので)次回放出分にストックされる訳ですが設定6で1回の潜航モードで大量にポイント獲得しない限りありえない話って言っても過言じゃないから基本的にはストック1=1回の潜航モードとなります。
もっと詳しく説明すると仮に前回放出分で30ポイントあったと仮定したら残りの5ポイントは次のART時に振り分け=例えば高確ストック1だとしたら前回の残りの5ポイント+1回分の潜航モードで獲得したポイントになります。

海底都市でペンタが幸運度セリフを言う時がありますがあれは継続率を指しているのではなく高確ストックの個数を指しているらしいです。なのでサイコーと言った直後に80%以下でしょう。みたいなセリフが出るみたい。(転落リプで高確ストックが減るから) これはリプ引いてないのにセリフが曖昧な時もあるので目安として考えておきましょう。

更に大よその推測でしかない事だけど海底都市へは高確ストック2以上移行しないのでは?って思ってます。
仮に海底都市へは高確ストック2以上しか移行しないとすれば海底都市でのART当選時=高確率で高い継続率になる可能性が高いって事です。(潜航モードでのポイントがあれば)
あと赤7リプ成立時は元から95%のため潜航モードでのポイントは使用しないのでそのまま残ります。

以上こんな感じでまとめて見ました。
メーカー側が雑誌側に資料を提出してないので今まで書いた事が本当か嘘かはわからんけどこの線が一番強いかなと思ったので…。
読みにくいかもしれんけど勘弁して下さい。
最後に簡単にまとめるとこの台はヤメ時が把握し辛い(潜航でのポイントの残りが分からないから)って事ですね。でも逆を取るならばこの情報が全て正確でまだごく一部の人間にしか知られていないとすれば今の時期かなりのハイエナ機種になるかもって事です。
ただポイント加算前のベースとなる継続率が一律70%なのかそうではないのかは現時点では不明みたいです。

一年間無料登録で攻略法を無料提供!


JRANKブログランキング
ブログランキング
人気ブログランキング
ブログに一票
ブログランキング

FC2ブログランキング
ブログに一票




近々導入される台で結構興味がある台。



その
それはめんそ~れ2です。
最近の液晶演出に頼りすぎの機種にウンザリしつつある自分はたまに沖スロでのほほんと打ったりもする訳なんですが…。
実際4号機の頃は沖スロなんて全く興味もなかった訳で、でも花浪漫はお気にでしたw
6が分かりやすいと評判の南国育ちでだ過去に3回程度しか触った記憶がない始末(-_-;)
しかし5号機になってからコインは25パイで沖スロとは呼べないけど沖スロチックな告知の台で充分楽しめると思い触る機会が多くなりました。
まぁ液晶に頼りすぎ&出目で楽しめないのであればひっそりと咲く花に酔いしれた方が全然楽しめるって事ですね(笑)でも頻繁に触らないのには立派な理由が。
割が良くない事と設定看破のしにくさ。
それを打ち消してくれるかのようにこの『めんそ~れ2』は6の割110.4%とメーカー発表値ではあるものの良さげな感じを醸し出している訳で。
設定看破については小役確率は現段階で判明していないっぽいので分からないけどRT付きのビッグにかなりの設定差があります↓
設定1 1/8192.0
設定2 1/3276.9
設定3 1/2730.7
設定4 1/2340.6
設定5 1/1927.5
設定6 1/1170.3
とこんな感じ。分母が大きいので推測までには時間かかりそうですが、6は比較的分かりやすいかなと…。
結構甘い感じの印象も見て取れるし導入されたらこればかりになるかも(笑)
ただ設定1の割は94.2%と絶望的なので注意が必要ですね。


その
シスタークエスト。ゲーム性が楽しそうって意味と6の割が112%。
でもSNKってのが恐いところ。赤ずきんではメーカー発表で6が115%だったところシミュレートでは109%?とかそんな感じだしKOF2もメーカー発表では6で112%だったところがシミュレートでは108%もない感じなので…。少しばかりは期待してます。


その
NETの新台『ドリスタ ミントのヒロイン救出大作戦』
これも結構期待。理由はまだ割がメーカー発表もされてないみたいだけどリオパラと同じようなボーナス確率ながらこっちは150G消化型(完走じゃないですよ)のARTが搭載されていて純増+0.4枚。
リオパラの減るATじゃなく今度はARTで150G(途中ボーナスで終了らしいです)でボーナス確率も同じ感じときたらこれもいい感じの出玉率あるんでない?って感じ。
リオパラは通常時甘い台ではなかっただけにこっちも同じようなスペックだったらハーレムみたいに115%とかあるのかな?でも仮にここまで割が高いと設定入る頻度もかなり落ちるんで…。


以上自分なりの注目機種紹介でした~ww

JRANKブログランキング
ブログランキング
人気ブログランキング
ブログに一票
ブログランキング

FC2ブログランキング
ブログに一票

ジャイアントパルサー

さっきの話の続きになっちゃいますがいよいよこの素晴らしい台の撤去日8/30に近づいてきました。

この台でどれだけおいしい思いをしたか。
スロットで勝ち続ける事が簡単に思えるような錯覚を起こしてくれた自分の中では最高の台です。
ストックがあれば打つそれだけですけどね。
ちなみに終日勝負なんてした事はないです。
今過去のデータ調べたらこの台で一日の最高勝ち額約160K。
最高負け額83Kでした。←この最高負け額記録した日は忘れもしません。引いても引いてもストックが出てきてくれずヤメれない状況。
気分は島唄打ってる気分だった。

トータル収支も頻繁に打てる台じゃなくて前半でしかあまり使えなかった台にしてはかなりの収支を叩き出してくれてます。

で1つ前の記事で書いてあった24日の次の日に打とうと思ってたんですがさすがに撤去日が8/30じゃぁ無くなってるでしょうね。

この台のメリットは全台456などの次の日に打つのが一番食べ頃だったのに残念。これがあれば2日間は楽出来そうだったんですけど。
そんなおいしい話は中々無い。

何かおいしい4号機が消えるのって寂しく思えますよね。


株式会社山佐のホームページへ↓
http://www.yamasa.co.jp/                     (C)YAMASA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。